ダイアローグ

「運命・量子・交流」

●「運命ってあるのかな?」 「どうして急に?」 ●「いや、きっと大したことじゃないんだけど、ふと、さっき耳にして気になってるんだ。運命なんて全然信じてないんだけど、でも運命っていう音?というか、その存在が頭にはいってしまったのがさ、なんかくや…